「自分だけが宙を泳いで通学する夢」をよく見ていました

仕事はIT系、趣味は音ゲー。オタクの日々をツラツラと書きます

資格対策と得た学び

こんにちは。NORIです。

 

明日はIPAの資格試験、2浪での受験になります。

社会人1年目は環境の変化に呑まれて集中できず、でした。

そこで今回は,,,といったお話です。

 

学びとしてまとめます。

まぁ,,,試験前なんですけどね

 

経緯

受験の経緯: 会社のMBOで定めた

 

秋季合格でA評価、春季合格でB評価にしたが、

「秋季で午前試験に合格」も項目に入れておけばよかった。。

対策と反省

各期で全然時間をとれず、このように計画を修正しました

 

初期:

基本的な書籍を4周する/過去問を6年分解き解説を理解

 

中期:

基本的な書籍を2周する/午前問題をアプリで4年分繰り返し解く/午後問題過去問を3分野に絞って3年分解き解説を理解

 

直前:

基本的な書籍を2周する/午前問題をアプリで2年分繰り返し解く/午後問題過去問を3分野に絞って3年分解き解説を理解

 

早い段階でガッツリ進めておけばよかったです。

直前になって基本的な事項のインプットが6割程度しか済んでおらず、書籍〇周ではなくアプリ周回を優先するべきだったかも。

 

学び

全体を見渡す (早い段階で苦手を把握するなどするべきだった)

 → 他の作業比較しての優先度設定が不十分

特化する (苦手を潰すだの、得意を伸ばすだの)

 → 分野を絞るなどして1つの分野を極める。何ができる人なのか